So-net無料ブログ作成
高水山トレイルラン ブログトップ

第20回高水山トレイルラン [高水山トレイルラン]

またしても、放置してたおっさんです・・・[ふらふら]

だいぶたってしまいましたが、高水山トレイルランのレポでも・・・

さて、2015年以来のこのレース。

今年は20回目の開催となるとの事で、久しぶりの参戦です。

同じくエントリーしてた隊長ですが・・・

仕事が忙しく、体調が・・・

ということで、体調隊長は潔くDNSを選択。

隣の会場では、Trail Open Air Demoも開催中!

Trail Open Air Demoで、なにやら重要なミッションを授かった隊長と、青梅に到着となりました。

DSC_0616.jpg

会場に到着し、今年のスタート&ゴール地点に到着。

DSC_0617.jpg

何とか、このFINISH地点に時間内に帰ってきたいな~・・・

と、ここで会ったのが「だぶさん」[るんるん]

Trail Open Air Demoのために我々の応援に、駆けつけてくれました[わーい(嬉しい顔)](だぶん)

そして、同じく大会参加のsukeさんとも合流[わーい(嬉しい顔)]

4人で話に花を咲かせていると、そこに現れたのがおっさんランナーさんご夫妻[るんるん]

ご夫妻は、ご友人のMr.Hさんと3人で、15Kの部の「追い上げ」(いわゆるスイーパー)として参加されるとの事!

未だに30Kは、時間内完走した事がないので、30Kの追い上げじゃなくてよかった・・・

さて会場では、開会式に続き、恒例のエアロビタイム!

KFCさんの大会では、お馴染みのウォーミングアップです!

話し込んでるうちに、気がつくとエアロビタイムは終了[ふらふら]

先にスタートする30Kの整列が始まり、sukeさんと列に入ります。

そして、いよいよ高水山トレイルランのスタートです[グッド(上向き矢印)]

永山公園のグランドを1周し、青梅丘陵ハイキングコースへと駆け上がります。

IMG_20180404_065744.jpg
(おっさんランナーさん提供)

あれ?ほぼ最後尾からのスタート・・・

その後、ハイキングコースをしばらく登ります。

とはいえ、走れる傾斜なこのコース。

青梅の町を下に見ながら、登っていきます。

DSCN0344.jpg

その先には綺麗に桜が咲いてました。

DSCN0345.jpg

のん気に写真を撮ってますが、何か違和感が・・・

以前出た時には、このあたりはランナーがたくさんいるポイントでした。

こうして見ると、あまりにもゆっくりし過ぎです[ふらふら]

その後集団に追いつき、徐々にポジションを前に・・・

と思ったら、渋滞で進みません[がく~(落胆した顔)]

DSCN0346.jpg

ようやく渋滞も解消し、先へと進みます。

するとその先登ったところで、黒おっTな方が・・・

KFCのT中さんが声かけをしてくれてました[わーい(嬉しい顔)]

T中さんとハイタッチをし、関門となる榎峠を目指します。

いつもは関門時間はスタートから90分。

今年から100分に伸びたとの事ですが、100分もかけてたら時間内ゴールはかなり厳しい・・・

幸垣城跡を過ぎ、雷電山を越えると榎峠はもうすぐ。

しかし、既にスタートから90分は過ぎてます。

尾根を通りその先の階段を下れば榎峠なのですが・・・

ここも渋滞気味で牛歩状態・・・[ふらふら]

100分を数分過ぎたあたりで、ようやく榎峠に到着。

だめか~と思ってましたが、スタッフさんの「行ってよーし!」の言葉で、10数人はなんとか関門通過[るんるん]

そこから常福院へ向けて一気に登りますが・・・

ここも渋滞気味・・・

DSCN0347.jpg

そうしてようやく常福院に到着です。

DSCN0350.jpg

DSCN0352.jpg

ここのエイドでバナナと飲物を頂き、獅子鈴をもらって、榎峠に向かって下ります。

下りを頑張らないと制限時間に間に合わないので、頑張って飛ばします。

その後、林道を多少上り返して、再度トレイルへ。

しかし、おっさんの足は悲鳴を上げ始め・・・

両腿が攣り出して、一気にペースダウン・・・

だましながら下りつつ、最後のエイド白岩自治会館へ到着です。

DSCN0354.jpg

ここにはオレンジがあったらしいのですが、遅すぎてオレンジは売り切れ[もうやだ~(悲しい顔)]

その後ようやく着いた榎峠。

既にスタートから3時間半近く・・・

元気な状態でも90分はかかるので、時間内ゴールはほぼ無理な状態となっておりました[ふらふら]

その後足攣りに悩まされながらも、雷電山を通過。

アップダウンうぃ繰り返しつつ、ようやくT中さんのいる場所へ。

IMG_20180401_195352.jpg
(T中さん提供)

その後道が広くなるあたりで、制限時間の4時間50分が経過・・・

また今回も時間内に戻ることが出来ませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]

その後、何とかゴールへ。

DSCN0355.jpg

今回の収穫は、こんな感じ。

DSCN0356.jpg

思ったよりゴミは少なかったかな?

その後、おっさんランナーさんご夫妻、Mr.Hさん、sukeさん、そして隊長と合流。

T中さんも合流し、しばらく談笑した後に、河辺駅近くのファミレスへ移動。

食事をしつつ、わいわい大盛り上がり[わーい(嬉しい顔)]

楽しい時間はあっという間に過ぎ、お開きの時間。

おっさんランナーさんご夫妻とsukeさんを河辺駅へ送り、帰路へ着きました。

さて、今回の高水山トレイルランは、かなりの大撃沈[ふらふら]

練習不足もありますが、以前より5kgぐらい増量してたのも原因かと・・・

来年は、ぜひとも時間内にゴールしたい!と心に誓う、おっさんでした。


ようやくレポを終わらせましたが、明後日はかすみがうらマラソン。

な・の・で・す・が・・・・

高水山以来、仕事が山盛りで、土日も出勤となってしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]

よって、かすみがうらはDNS・・・

天気が怪しそうですが、参加される皆さんが無事ゴールできるよう、応援しております[exclamation]

おしまい




nice!(2)  コメント(4) 

第17回青梅高水山トレイルラン [高水山トレイルラン]

第17回青梅高水山トレイルランに参戦してきたおっさんです!

今回4人での参加予定でしたが、仕事やらなんやらで2名DNS。

そんなわけでトレイルレース初参戦の「W」と二人となった次第。

会場は、青梅市風の子太陽の子広場

11146594_812659265483061_2840337716841650585_n.jpg

ここからスタートで高水山の常福院でお参りして戻るコースです。

心配された雨もなんとか持ちそうな気配でスタートに並びます。

1385819_812660808816240_1682190715625196479_n.jpg

初トレイルのWと一緒に後ろからのスタート

序盤は快調に走り、徐々に起伏のあるエリアへと入ります。

11133832_812661162149538_4390679350515655565_n.jpg

途中までは関門の榎峠まで90分に余裕のあるペースでしたが、気付くとギリギリの時間(^^;

Wを励ましペースを上げさせなんとか90分ギリギリで関門通過!

そこから常福院目指し、ひたすら登ります。

ようやく常福院に到着し、お参りを済ませます。

17206_812661315482856_586648827556385875_n.jpg

21136_812661958816125_6058431503660707850_n.jpg

辛そうなWを少し休ませてると、「追い上げ」の方の登場(^^;

慌てて常福院を後にし、榎峠目指して下ります。

足をつりながらも何とか頑張るWを引っ張りながら、榎峠に到着。

その時点で残り90分少々・・・

時間内は厳しいかなと思いつつ、二人で進みます。

途中、15Kのコースとの分岐あたりで怪我をして運ばれるランナーに遭遇。

何でも足の骨折との事で・・・

完治してまた山に戻ってこれる事を願いつつ、ゴールを目指します。

ようやく青梅の町が見え始め、二人で風の子広場になだれ込むものの・・・

タイムは10分オーバーとなりました(^^;

流石にサブ4ランナーのWといえど、初めてのトレイルはキツかったらしく・・・

それでも笑顔でゴール出来たあたりは、楽しんでもらえたようで何よりかと(^^;

また来年リベンジだよね?には答えてもらえませんでしたが・・・

 さて、今週末は彩湖フルに参戦のおっさん。

なんだか恒例の雨模様・・・

う~ん・・・

雨男になっちゃったんでしょうかね~・・・ 


高水山トレイル [高水山トレイルラン]

39-739d3.jpg


高水山トレイル参戦のおっさんです。

いや~しんどかった(-.-;)

昨年の鋸山トレイル以来の山走り

上りは乳酸たまりまくりでアップアップ

10K足らずでふくらはぎがつりまくり(-.-;)

ごまかしながら走るも、太ももまでつりだす始末

練習不足がモロに出て、山走りならぬ、山歩き状態のおっさん

でも、山は面白いね~ほんと

ちゃんと走りきれる足を作ればもって楽しめるはず

けっぱって走らねば!

と、心に誓うおっさんでした(^皿^)
高水山トレイルラン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。